株式会社CoLife(コーライフ)

iecon レジデンシャル・オペレーション・システム

IoE(Internet of Everything)サービスの実用化が進み、日本においても、様々なホームゲートウェイが誕生していますが、
ホームゲートウェイにはまだまだ課題も多く、一般市場にも浸透していないのが現状です。

株式会社CoLifeでは、こうした課題に正面から立ち向かい、住宅メンテナンスを容易にするホームゲートウェイの開発からアプリケーションの制作、メンテナンスサービスまでをワンストップにて提供する「iecon レジデンシャル・オペレーション・システム」を公開し、人々の暮らしの「快適性の向上」や「自由な時間」の創出を実現していきます。同時に、当システムのベースシステムプログラムをオープンソース化することにより、サードパーティへの拡張性・連携を実現し、家のなかの新しいビジネス市場(雇用)の創出に貢献して参ります。

iecon レジデンシャル・オペレーション・システム プラットフォーム

慶應義塾大学×CoLifeの産学連携

IoE(Internet of Everything)サービスの実用化が進み、暮らしに関するサービスが成熟化する現在において、先進的な「テクノロジー」を手にした住民のライフスタイルや、インテリジェントホームの動向を研究することは、喫緊の課題となっています。

本共同研究では、住まいの体調(コンディション)を可視化し、住まいの健康を維持・管理しながら、家の中の快適な時間を創出していく株式会社 CoLife と居住分野で先端的研究を行っている SFC 研究所インテリジェントホーム・ラボが共同で、国内外のインテリジェントホーム関連の最先端の技術やナレッジを収集しながら、インテリジェントホームの成長のカタリスト(触媒)となる要因を探求します。そして、家の中の目的やニーズに合わせて、私たちの日々の暮らしに実践的に役立つ新しいデバイスやメディア、サービス開発を産学連携体制で進めてまいります。

慶應義塾大学SFC研究所 インテリジェントホーム・ラボ

国内外のインテリジェントホーム関連の最先端の技術やナレッジを蓄積し、都市生活者の生活価値観及び居住空間における行動を分析します。そして、インテリジェントホームの成長のカタリスト(触媒)となるファクターを探求し、家の中の目的やニーズに合わせた新しいデバイスやメディア、サーヴィス開発を産学連携体制で進めていきます。

>> 公式ホームページ

株式会社CoLife(コーライフ)